空港向け看護師転職エージェントランキング

空港の看護師求人はどうやって探す!?

空港には緊急事態に備え内部に医療機関を備えています。頻繁にスタッフが入れ替わることはありませんが、タイミングを逃さなければ求人を見つけることも可能です。(空港看護師の求人数が一般の医療機関に比べて極端に少ないのは事実です。)

ナース人材バンクに代表される看護師専門看護師エージェントには、こうした特殊な環境の求人案件も扱っていますので、一人でハローワークなどで探すよりは効率的といえます。また、一般には公開されていな非公開求人も豊富に取り揃えているのも大きな魅力です。

空港の看護師求人も多い!看護師エージェントランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア お勧め度 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • お勧め度
  • ★★★★★
【当サイトがお勧めするポイント】
年間10万人の看護師が利用する「ナース人材バンク」であれば空港の看護師も探しやすいです!
・全国の地域専任のキャリアコンサルタントが希望される最新の看護師情報をご紹介します。
・「ナース人材バンク」のキャリアコンサルタントは仲介の熟練が勢ぞろいでユーザーの評価も高い!
・空港の看護師の求人案件は非公開がほとんど!キャリアコンサルタントにお尋ねください。
・「ナース人材バンク」では他のサイトには掲載されない看護師の求人も独自収集していて◎!
・日本の主要空港の医務室の求人情報はすべて把握!「ナース人材バンク」ブランドで幅広に紹介!
・正社員からバイトまで看護師求人ならキャリアコンサルタントにご相談ください。働き方は色々!
・求人数の多さは随一です。非公開のものも多いのでまずは登録して具体的な求人票をチェック!



マイナビ看護師 無料 全国 ★★★★ 詳細
  • 第2位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • お勧め度
  • ★★★★
【当サイトがお勧めするポイント】
利用した96%が満足した「マイナビ看護師」であなたも看護師転職をスタートしませんか?
 リクルートに並び転職大手のマイナビも看護師転職業界では強く安定して上位をキープしています。
・希望するような空港の看護師への転職は「マイナビ看護師」のコンサルタントは実績多数です
・病院勤務と異なる日常を忘れるような環境であなたも看護師として働きませんか?無料登録で一任!
空港の検疫官の看護師求人情報もマイナビ看護師ならどこもよりも早く把握しています。
・北は新千歳から南は那覇まで看護師求人を紹介できるマイナビは利用者の喜びの声も多いサイト!
・全国の国際空港の医務室やクリニックだけでなく、空港の看護師求人情報は概ねすべて把握!
・「マイナビ看護師」に登録して得意な英語も活かせる空港の医務室で働いてみませんか?



ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ★★★★ 詳細
  • 第3位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 首都圏・関西・東海・九州
  • お勧め度
  • ★★★★★
【当サイトがお勧めするポイント】
・空港の看護師求人探しなら転職支援実績No.1のリクルートグループの「ナースフル」も人気です!
 転職と言えばやはりリクルート!大手ゆえの安心感と事業規模で安定して1位を継続しています。
・成田の国際空港や羽田空港の医務室で働いてみませんか?「ナースフル」が転職活動を応援します。
・全国の空港の看護師求人情報ならナースフルのキャリアアドバイザーに安心してお任せください!
・「ナースフル」には残業も夜勤もない看護師募集など非公開の求人案件が満載なので◎です!
・無料で「ナースフル」に登録するだけで希望されるようなレアな看護師求人をご紹介します。
ANAやJALなどの医務室で働く看護師さんの紹介事例も保有しているので登録の価値あり!
看護師求人情報に詳しいキャリアアドバイザーにどんなワガママな条件もお申し付けください!



医療ワーカー 無料 全国 ★★★★ 詳細
  • 第4位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • お勧め度
  • ★★★★
【当サイトがお勧めするポイント】
・成田国際空港や羽田空港など首都圏の空港看護師求人のことなら「医療ワーカー」が実績が多い!
 (もちろん関西国際空港や伊丹空港などの関西地域の空港の看護師求人情報も把握しています)
看護師出身のコンサルタントが看護師目線であなたの転職活動を全てバックアップします。
・空港の看護師は英語が活かせる数少ない職場のひとつです。あなたの英語を活かしませんか?
・世界中の人々が集まる職場で看護師として働けば医療機関勤務と異なる新たな醍醐味があります。
・職員や客室乗務員の健康管理を中心とした医務室勤務は人気が高く医療ワーカーも注目。
・医療ワーカーは特に看護師をはじめ医療系の職種の仲介には力を入れています。



看護のお仕事 無料 全国 ★★★★ 詳細
  • 第5位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • お勧め度
  • ★★★★
【当サイトがお勧めするポイント】
・全国の看護師求人情報から転職後の悩み相談までお祝い金が出る「看護のお仕事」にお任せ下さい。
 (このサイトを使って転職した場合は入職後に最大で5万円の転職お祝い金が支給されます。)
・「看護のお仕事」は看護師のお仕事の紹介だけでなくアフターまで行っている転職支援サイト!
・北海道から沖縄まで全国の空港の医務室などをご紹介!無料で全て利用できますのでご安心下さい。
・求人を出している空港の医務室やクリニックなども地域で検索すれば一目で把握できます。
・経験豊かな「看護のお仕事」の看護師専任の転職コンサルタントがあなたの転職を支援します。
・決して事業規模が大きい会社ではないですしリクルートやマイナビのような実績も少ないですが
 独自の看護師エージェント運営で昨今登録者を増やしている話題のサイトです。



空港の看護師の求人探しのポイントは?

看護師のなかには残業や夜勤がない、診療所やクリニックなどで働く看護師もたくさんいます。なかには診療所やクリニックなどではなく、産業看護師や医療関係のコールセンターなど一般企業で働く看護師もいます。そんななかで残業や夜勤がない空港の看護師の仕事を求めて、空港の求人探しをしている看護師もいます。

ただ空港の求人情報は意外と少なく、空港によっては夜勤がある場合もあります。それは空港も成田国際空港や関西国際空港などは、空港そのものが24時間稼動しているからです。それでも入院患者さんがいる病院とは違い、ナースコールなどもなく緊急事態もほとんど起きません。そういう意味では人気のポイントとなっています。

実は空港で仕事をすると言っても、看護師の働き方にも大きく分けると2つあります。ひとつは空港内に設置されている医務室・診療所・クリニックなどで働く場合と、厚生労働の検疫官として働くケースがあります。厚生労働の検疫官として働く看護師は厚生労働技官と呼ばれる国家公務員になります。

ただいずれの場合も空港の看護師の求人情報は少ないのが現状で、ハローワークや一般の求人誌ではまず目にしません。その理由は2つあってひとつは日本国内にはたくさんの空港がありますが、すべての空港に医務室・診療所・クリニックがあるわけではないからです。2つ目の理由は空港の看護師の求人情報はナース人材バンクなどの看護師に特化された看護師エージェントや転職エージェントでも、公開されない非公開案件になっているからです。そのためナース人材バンクなどのサイトで、空港の看護師の求人情報を検索してもほとんどヒットしません。

もし本当に空港の看護師の求人情報を探すのであれば、ナース人材バンクなどの看護師に特化された看護師エージェントや転職エージェントに登録されることをおすすします。

空港の看護師ってどう?

空港の看護師の求人と需要ですが、空港での看護師の求人は限られています。基本的には成田国際空港や関西国際空港などの、国際空港内にしか医務室・診療所・クリニックはありません。東邦大学が管理している羽田空港の国際線旅客ターミナルのクリニックや、丸岡内科クリニックが経営している福岡空港のクリニックなどは少数派です。

そのほとんどが24時間稼動しているようなハブ空港ばかりで、今後の日本の状況から考えると新規にハブ空港が建設される計画はありません。そのため空港内の医務室の、看護師の求人が増えるとは思えません。むしろ今後は民間の病院の経営からANAグループ100%出資の派遣会社「ANAビジネスソリューション株式会社」のような、人材派遣会社からの派遣に置き換わっていく可能性のほうが高いと考えられます。

ANAやJALなどの航空会社が客室乗務員を正社員からすべて契約社員にしたように、空港の看護師も契約社員へと合理化されるでしょう。それと今アジアではLCCと呼ばれる格安航空会社が、航空業界の主流になろうとしています。日本でも2012年にANAホールディングスとマレーシアのLCCであるエアアジアが、合弁会社「エアアジア・ジャパン」を設立しました。

ただこの「エアアジア・ジャパン」はANAがエアアジアが持っている49%の株式を、買い取る方向で調整しているので会社そのものが解消される可能性があります。ただいずれにしてもアジアだけでなく世界中の格安航空会社が、日本での就航を始めれば国際線の便数は飛躍的に増える可能性があります。

そうなれば国内の国際空港だけでなく国際線の就航は増え、これまでのような民間の病院が経営するような医務室やクリニックではなく、人材派遣会社で登録している契約社員の看護師の需要が高まるでしょう。国内の航空会社だけでなく国内にあるすべての企業は今、世界のグローバル化のなかで大きく変化しようとしています。

今後は看護師の働き方も空港だけに限らず、変化する可能性を秘めています。空港の看護師求人だけでなくもし今の職場に不満があったり、もっとキャリアアップを考えているのであればナースフルなどの看護師に特化された看護師エージェントや転職エージェントで登録されることをおすすします。

これらのサイトやエージェントの専任の担当者が空港の看護師の求人情報だけでなく、転職情報についてのアドバイスや具体的に転職先の紹介まで行ってくれます。給与など希望の条件を担当者に伝えるだけで、面接の段取りまですべて無料で代行してくれます。

空港の看護師になるメリットは?

第二新卒が最近では社会問題にもなっていますが、看護師の場合も看護学校などを卒業して2〜3年以内に離職するケースが一向に減りません。一般の大卒が2〜3年以内に第二新卒になる背景には、日本独特の新卒一括採用制度があります。大学がある意味で就職予備校化している日本では、大学を卒業するまでに企業から内定を得られなければ既卒になります。

既卒になればそれだけで就職活動はさらに厳しさを増し、既卒のまま就職できずにフリーターになったり、なかにはニートになる若者も少なくありません。そのため企業から内定を得られるかどうかが最大の関心ごとで、本当に自分がしたい仕事かどうかは二の次です。そして企業に就職して2〜3年経つと、今している仕事は本当に自分がしたい仕事ではないと辞めていきます。

しかし看護師の場合は少し事情が異なり、看護学校などを卒業して離職するケースのほとんどが理想と現実のギャップです。看護師という仕事がどんなものかは頭のなかでは理解しているつもりでも、実際に働き始めると想像以上に辛いものがあります。そのため一般企業の第二新卒者が業種や職種は違っても、他の企業に転職するのに対して看護師の場合はそのまま離職するケースも少なくありません。

たとえ第二新卒にならなくても離職する看護師の多くは、残業や夜勤など病院勤務で肉体的だけでなく、精神的にもボロボロになるからです。もちろんある程度は慣れていきますが、それにも限度があります。ただ看護師の場合は免許があれば、何も病院だけが勤務先ではありません。

残業や夜勤がなくて多少は給料が下がっても、看護師の働ける場所はたくさんあります。空港もそんな看護師が働ける場所のひとつで空港の看護師になるメリットは、なんと言っても肉体的だけでなく精神的にもらくなことです。空港の医務室・診療所・クリニックの勤務体制は普通は、医師1人に看護師1人に事務員1人の2〜3人体制です。

仕事も主に空港職員や各航空会社の社員の健康管理ですが、空港で大きな事故で起きない限りは、病院のように1日じゅう動いているわけではありません。精神的にも患者さんもいなく医師1人ですから、人間関係に悩むこともありません。ただ空港の看護師の求人は、そんなに多くありません。

そのためナースフルなどの看護師に特化された看護師エージェントや転職エージェントに登録して、空港の看護師として働きたいと自分の希望を伝える必要があります。すぐには空港の看護師の求人がなくても看護師エージェントや転職エージェントに登録していれば、欠員が出た場合には担当者から連絡があります。


Copyright (C) 2013-2018 空港向け看護師転職エージェントランキング All Rights Reserved.